自分らしく生きてるときはハッピーだと思うんですが、じゃあ自分らしさって何なんでしょうか。

例えば魚は海や川を泳いでいるときが魚らしく、空を飛んでいる魚は魚らしくないですね。

私で言えば、大勢の人に囲まれてパーティーを開いてる私なんてのは、全く私らしくない。
誰かと競争をしている私も、私らしくない。
パソコンをいじってたり、昼寝をしてたり、あれこれ考え事をしてたり、景色のいい場所でぼーっとしている私が私らしいなぁと思うんです。
それがじっくりできない環境にいたときは、やはり私らしく生きられていなかったなぁと思います。

魚は海にいればスイスイ泳げて、地上にいると苦しいわけで、
魚が肺呼吸するために努力しているのを見たら、「それより一刻も早く海へ飛び込め」と思いますよね。

そう、自分らしく生きるって、環境に自分を合わせるのをやめて、自分にとっての海で生きることなんじゃないでしょうか。

どんな環境にいても自分らしさを失わずにいられる人もいるのかもしれないですけど、
やはり魚は海にいたほうが、よりハッピーに生きられるんじゃないかなと思います。

「わかってるけどそれが難しいんだよ」と言われちゃうかもしれないんですけど、
今していることが「環境に合わせる努力」だと気づいた時点で、とことん辞めちゃえばいいと思うんです。

それをやめるということは、魚が地上で肺呼吸をする努力をやめるということなので、もちろん苦しくなってきます。
すると自然と海に向かわざるを得なくなって、身体が勝手に海を本気で探し始めるので、頭で考えていたよりも簡単に見つかると思います。

やめるパワー大事。